宝くじ高額当せん者の人生

今週発売のBIG宝くじは1等賞金が最高12億円という宣伝メルマガが楽天銀行から来ましたが、昔は1等前後賞付きで5000万円とかだったのに、どんどん賞金額が上がって、いつの間にか1億円、3億円になり、現在では6億円、10億円、とうとう12億円という宝くじの当選金額になってきました。

物価上昇インフレを加味すれば、昔の宝くじ1等賞金3000万円は都内で新築マンションを購入するのに不十分な金額になっちゃいましたが、当時としてはすごい金額だったと思います。

loto

個人的には宝くじの催行当選金額は3万4000円くらいで、4つの番号を当てるナンバー4でした。ネット銀行で買うと、当選したら自動的に当選金が数日後に振り込まれてくるので、いちいち宝くじ売場に行き確認する手間がなく便利ですが、現金で買ってないのでついつい気軽に買い過ぎてしまうように感じます。

1000円とか末等賞なら当選後、2営業日後くらいに自動的に銀行口座へ入金になります。経験がないので知らなかったのですが、いつも思うのは2億円とか大きい金額が当選したときは何日後に入金になるのだろう?という疑問がありました。

その疑問んが解決したきっかけは、Youtubeでロト6一等4億円が当たった人が動画を公開しており、ロト6第1139回(2017年01月12日 (木)) 4億円を当選した人がジャパンネット銀行へ問合せしたら、木曜日の当選金は月曜日に銀行口座へ振り込まれ入金になるということ初めて知りました。

4億円とか億単位でも2営業日で当選金が振り込まれて手に出来るのか!スゴイ

loto6-1139

ロト6高額当選の確認画面

loto6-1139-resoult
https://www.youtube.com/watch?v=RB9ZuP036Sc

毎週、どこかの誰かが宝くじで億万長者になっているのでしょうけど、知り合いには存在しないし、もし当たっても内緒にしているんでしょうが、高額当せん者のお話って聞いたことがありません。4億円当選した人は男性で、たぶん30代か40代だろうと推測されます。

ロト6当たったあと、速攻で仕事は辞めたそうです(笑)



楽天銀行で宝くじが買える!

ロト6で4億円当たった人の金の使い道


よくありがちなストーリーですが、海外で100億円の宝くじが当たった人が急に贅沢三昧の生活になり、いつの間にか破産してたとか、強盗や殺人事件になって殺されてしまったとか、家族・友達と不仲になってしまったとか、テレビ番組で紹介された例では「宝くじで高額当せん者の人生は不幸になる」という物語が多かったりします。

このロト6第1139回が当たった人は、仕事を辞めて、一番最初に高額な買い物は2500万円のフェラーリを購入、その後、不動産投資、暗号通貨(仮想通貨)流行ってたビットコイン、モナコインなどに投資したと話しています。

にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ 

プロモ料金2万円台~お得な航空券一括比較『スカイスキャナー』



2017年1月に4億円当たり、あれから約2年2か月後に公開されている動画では、「近況んついて」フェラーリ買った事、AMGベンツに乗り換えたこと、投資用不動産購入、仮想通貨ビットコインで2億円くらい儲かったという話をしています。

えー?ロト6で4億円当たった人が、ビットコインで更に2億円も儲けたの?

資金力があると太い勝負ができるので、お金がお金を呼ぶというか、金持ちが更に儲かるという仕組みが垣間見えたお話。それにしてもうらやましい・・・・・。

宝くじ・ロトが当たる買い方は、ずっと継続して同じ番号を買い続けるとか、「10・11」というように連番を組み入れるとか、前回の当選番号から1つ、2つ同じ番号を入れて買うとか、宝くじ当せん者は語るみたいなコツを話していました。



にほんブログ村 海外生活ブログ フィリピン情報へ